朝食・昼食・夕食の食事の割合

朝食・昼食・夕食の
3食の割合についてです。

ダイエット情報サイト 運動・食事、正しい方法で美しく痩せる!

朝食・昼食・夕食の割合

ダイエットの理論
痩せるためには リバウンド カロリーについて 各食の割合
普段からできること 現状をチェック    

朝食・昼食・夕食の3食の割合はどのくらいがいいのでしょうか?

5:3:2」 「3:4:3」 「3:2:1」 「2:3:1」などいろんな説があります。

私個人の考えでは、
1日の摂取カロリーさえ守ればどれも間違えではないと思います。

十分な栄養が取れていれば、必要以上の量を無理して食べる必要はありません。
逆に十分な栄養が取れていないのに、必要以上に量を減らすのもよくありません。

朝食・昼食・夕食をバランスよくしっかり食べるのがいいと思います。
あえて言うなら「4:3:3」 「3:4:3」がいいと思います。

夕食は少なめにの理由

朝食・昼食・夕食の3食のうち、夜は少なめにというのをよく耳にすると思います。

この理由としては、多くの人は日中に活発に活動するので、日中に大きくカロリーを消費します。
逆に夜は活動量が少ないので、食べたものが脂肪として体に蓄えられやすくなるからです。

ダイエットの理論
痩せるためには リバウンド カロリーについて 各食の割合
普段からできること 現状をチェック    

→ダイエット情報サイトTOPへ

お勧め商品

スポンサードリンク

Copyright (C) 2010-2014 ダイエット情報サイト All Rights Reserved.